小規模なベンチャー企業が持つ魅力

ITの大企業での勤務は、安定した仕事の環境を手に入れられる点に魅力があります。その一方で、自らIT企業を起業することにもまた、魅力が感じられるものです。
例えば、少人数制のベンチャー企業を起業してみると、仕事はもっと面白いものになります。小規模なベンチャー起業の魅力は、少数精鋭で仕事ができる点にあるでしょう。大企業は規模の大きさを活かし、安定的な事業ができます。しかし、急激な業界の変化に対して、すぐに対応できないのがデメリットです。その点でいえば、ベンチャー起業はフットワークが軽いため、臨機応変に業界の変化についていけます。IT業界は変化が激しい分野となっており、少数精鋭のベンチャー企業を起業すれば、その対応力の高さのメリットが活きるのです。場合によっては、小さなベンチャー企業でも、大企業に匹敵できるほどの活躍も不可能ではありません。また、小さな規模のベンチャー企業は、起業に必要な資金が少なくて済むのも魅力といえます。起業家にとって問題なのが、企業経営に必要な資金の調達です。会社の規模が小さいベンチャー企業であれば、会社の立ち上げに必要となる資金が最小限で済みます。
加えて、人員が少ないベンチャー企業は、従業員同士の密接な人間関係を築ける点も魅力です。経営者は従業員に目が届き、仕事だけでなくプライベートでも交流できるような人間関係を持てるでしょう。家族のようなアットホームな雰囲気のベンチャー企業もよく見られ、スタッフ同士の仲が良い職場は魅力的に見えます。



Comments are closed.